--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC-038 Brad Mehldau 「The Art Of The Trio, Vol. 3」

2007年12月23日 17:28


DC-SOUNDS masterpiece100 名盤探検隊 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Brad Mehldau (ブラッド・メルドー)。
この人のピアノは本当にすばらしい。
現代のジャズピアニストの中で、ダントツの人気があるのも納得できる。
すでに大物だが、ジャズピアノの将来を背負って立つ大物になるだろう。

Joshua Redman(ジョシュア・レッドマン)のバンドで、
すでにメキメキと頭角を表していたメルドーであるが、
レッドマンのデビュー作にPat Methney(パット・メセニー)が参加し、
Redman(レッドマン)とMehldau (メルドー)が共演し、
Mehldau (メルドー)とMetheny(メセニー)が共演した。
これは彼らに何らかの互いに認め合う音楽的な共通点があったのだと思う。
そして、この3人音楽家はとても大好きだ。

このレコードは、The Art Of The Trioシリーズの3枚目。
メルドーの作品群の中でも、このThe Art Of The Trioシリーズは人気が高い。
中でも、このVol.3は今のところ、Brad Mehldau (ブラッド・メルドー)最高傑作
として挙げられることもある。

鍵盤に体を押し付け、揺ら揺らと揺れながらポロポロとした
宝石のようなピアノの旋律にいつも酔ってしまう。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://worldtravels.blog83.fc2.com/tb.php/84-8fe2f69c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。