--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC-054 Sibling Revelry  「Stronger」

2008年03月12日 01:45


DC-SOUNDS masterpiece100 名盤探検隊 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本を代表するAOR専門レーベル・クールサウンドからリリースされた
Sibling Revelry(シブリング・リヴルリー)。
この作品を購入する人の殆どはBill Cantos(ビル・カントス)ファンの方だと思う。
Sibling Revelry(シブリング・リヴルリー)はビルがまだリーダ作「Who are you」をリリースする
以前に姉妹と共に発表していたいわゆるCCMと呼ばれるジャンルの作品だ。

CCMとはクリスチャン・ミュージックといわれる宗教色のある音楽ではあるが、
音楽そのもの自体は全く一般のポップス・ロックと変わるものではない。
ハートフルなメロディーの多いCCMは音楽としてAORファンから好まれる傾向がある。

この作品はSibling Revelry(シブリング・リヴルリー)の2作目にあたり、
1作目よりも完成度が高く人気のある盤である。
ゴスペルとポップスが絶妙な形でバランスよく形作られていて、
Bill Cantos(ビル・カントス)のボーカルも冴えている。
Koinonia(コイノニア)の雰囲気に似ている。

個人的にはBill Cantos(ビル・カントス)は最近出した「Love Wins」のようなジャズボーカルも良いが、こういったゴスペルや「Who are you」のようなAOR色の強いポップミュージックの方が
彼のボーカルに合っているような気がする。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://worldtravels.blog83.fc2.com/tb.php/65-ed3aca81
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。