--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC-062 Corin & Edman 「Roc de Light」

2008年04月19日 00:10


DC-SOUNDS masterpiece100 名盤探検隊 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北欧AORの名盤として世界中のAORファンの間で話題になった作品。
Claes CorinとGöran Edmanの二人によるユニットで北欧Swedenのアーティスト。
Göran Edmanは有名どころではStreet Talkやcrossfadeなど複数のバンドでボーカルを担当してきた。
共にAOR色が強くcrossfadeの「white on blue」というレコードはTOTOオリエンテッドな
作風に仕上がっており人気が高いようです。
意外なことにYESやGenesisといったProgressive rockから強く影響を受けたそうです。
中でも、Peter Gabriel(ピーター・ガブリエル)を支持しているそうです。

このレコードはインディーズからリリースされたものの、
内容はとても優れており、安心して聴くことが出来る近年まれに見る名盤だと思いました。
「Keeping you on my mind」「true colors」などは名バラードではないでしょうか。
Göran Edmanの声は昼下がりの青天の小春日和を吹き抜けるそよ風のように
とても瑞々しくさわやかでなのです。
無駄のない計算されたメロディと曲配列。
収録曲数も10曲で、適度な演奏時間で聴き手を疲れさせず飽きさせない構成。
そういった要素がこの作品の人気の高さなのだと思います。
発売当初は彼らのHPからの入手でしたが、
最近調べてみると、やや値は張りますがamazonなどでも取り扱っているようです。
ただ、それだけの価値はこのレコードにはあると思います。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://worldtravels.blog83.fc2.com/tb.php/56-6cb94507
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。