--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC-064 Valerie Carter 「Wild Child」

2008年04月30日 23:03


DC-SOUNDS masterpiece100 名盤探検隊 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Valerie Carter(ヴァレリー・カーター)のリーダー作2作目。
Little Feat(リトル・・フィート)のロ-ウェル・ジョージプロデュース作品と並んで
人気盤の一つ。個人的にはこちらの方が好きです。

AOR系の女性ボーカルアルバムでこれはというものはなかなかないのですが、
この作品はその、数少ない名作の中の一つです。
Jeff Porcaro(ジェフ・ポーカロ)がドラムスを全曲担当し、
David Hungate(デヴィッド・ハンゲイト)、Chuck Rainey(チャック・レイニー)
Steve Lukather(スティーヴ・ルカサー)、Jay Graydon(ジェイ・グレイドン)などの名手が
こぞって参加している。

Valerie Carter(ヴァレリー・カーター)のちょっと、舌ったらずなボーカルで
アンニュイな雰囲気。
個人的にはその昔、このレコードを知り合いの女性の誕生日プレゼントにあげたことがある、
思い出の一品でもあります。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://worldtravels.blog83.fc2.com/tb.php/54-b9121a85
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。