--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC-082 Weather Report 「Heavy Weather」

2008年09月06日 23:39


DC-SOUNDS masterpiece100 名盤探検隊 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これはフュージョンレコードの傑作中の傑作として知られる
Weather Report(ウェザー・リポート)の 「Heavy Weather」。
もはや説明不要の名盤であり、
音楽愛好家は必ず聴かなければならないマストアイテムといってもいい。
このWeather Report(ウェザー・リポート)はフュージョンを語る上で
はずせない理由はもちろん天才児 Jaco Pastorius(ジャコ・パストリアス)
がいたことだけに留まらない。
このバンドには強力なサックスプレイヤーWayne Shorter(ウェイン・ショーター)までがいた。
Pastorius(パストリアス)のベースとShorter(ショーター)のサックスのユニゾンが
たまらなく美しく響く。

ニット帽がトレードマークのバンドリーダーJoe Zawinul (ジョー・ザビヌル)は
近年まで毎年のようにジョー・ザビヌル・シンジゲート名義でBlue Noteで
来日公演を行い晩年まで精力的に活動を続けた。
ゲゲゲの鬼太郎の音楽のような不気味なメロディーで始まる名曲「Birdland」は
リーダーのJoe Zawinul (ジョー・ザビヌル)の代表作であるといってもいい。
この曲はのちに、Jay Graydon(ジェイ・グレイドン)によるプロデュースで
Manhattan Transfer(マンハッタン・トランスファー)によりカラフルにカバーされたのも有名だが、
Joe Zawinul (ジョー・ザビヌル)本人はあまりこのカバー曲を好きではなかったらしい。
そして続く一世一代の名曲「Remark You Made」の枯れた味わいは格別である。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://worldtravels.blog83.fc2.com/tb.php/36-89602110
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。