--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC-021 Joe Sample & Lalah Hathaway 「The Song Lives On 」

2007年05月10日 00:56


DC-SOUNDS masterpiece100 名盤探検隊 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

音楽の面白さは色々あり、
音の融合によって本当に多種多様な音楽が生まれ、
音楽を化学反応のように例える人もいます。
同じ楽譜でも、それを弾く人、演奏する人によって
全く違う音色が違ったりする。
それが音楽家としての個性で、
そういった光り輝く個性が合わさる時、
そこにどんな新しい個性が生まれるかは、
全く想像しがたいし、夢をかき立ててくれる。


昔から、個人的にジャズ畑の音楽家とロックやソウル畑の
全く異なる畑違いの音楽家らが、それぞれの個性を持ち合わせて
レコードを作れば、本当にすばらしいレコードがたくさん生まれると思っている。
そういった試みはあったかもしれないけど、数は少なかったと思う。
でも、このレコードはそんなレコードの一つなのかもしれない。


これは、The Crusaders(クルセイダーズ)のピアニストJoe Sample(ジョー・サンプル)と
伝説のソウル・シンガーDonny Hathaway(ダニー・ハザウェイ)の娘としても知られる
Lalah Hathaway(レイラ・ハザウェイ)による競演アルバム。
ジャズとソウルの融合による名盤で、センスは極めて良く上品。


バックで演奏するサポートメンバーも、
非常に優れていることも見逃せない。
サックス:Kirk Whalum(カーク・ウェイラム)
ギター:Michael Thompsom(マイケル・トンプソン)
パーカッション:Lenny Castro(レニー・カストロ)
ベース:Jay Anderson(ジェイ・アンダーソン)
シンセ:David Delhomme(デイヴィッド・デローム)
など
個人的にはKirk Whalum(カーク・ウェイラム)、
Michael Thompsom(マイケル・トンプソン)
の参加がうれしい。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://worldtravels.blog83.fc2.com/tb.php/102-dee8fa75
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。