--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC-154  Geyster  「Down on Broadway」

2013年06月30日 23:32

geyster down on broadway




ここ数年でさらに制作活動が活発になってきているフランス・パリに活動拠点を置くAOR音使士Gaël Benyamin(ガエル・ベンヤミン)のユニットGeyster(ガイスター)の新作、通算5作目となる『Down on Broadway』が届いた。1週間ずっとこの作品ばかり聴いてきたが、現状において、Geyster(ガイスター)最高傑作といえるすばらしい作品である。

2011年5月に『Radio Geyster 1977』を発表して半年もたたずに4作目『SUMMERTIME』を発表した。『SUMMERTIME』は自身が影響を受けた80年代の名曲をシンプルなアレンジでカバーする作品で、純然たるオリジナル作品ではないものであった。個人的には半分お遊び的な位置づけとしてあるのだが、今作は再びGaël Benyamin(ガエル・ベンヤミン)のオリジナルの書き下ろしの楽曲で構成された。そういう点では約2年ぶりのGeyster(ガイスター)オリジナル楽曲作品となった。

Gaël Benyamin(ガエル・ベンヤミン)は実態そのものは同じだが名を変えたプロジェクトが複数ある。それを含めれば、2004年にデビューして以降9年で7枚もアルバムをリリースしていることになる。これは極めてハイペースで多作の部類に入るだろう。それでいて、その質は確かなものに仕上がっているのだから恐れ入る。器用なミュージシャンで多くの楽器を使いこなし、録音技術も周知している。このようなタイプはあの全盛期のTodd Rundgren(トッド・ラングレン)を思わせるものだ。

デビュー当時はエレクトロ・ポップミュージックに傾倒するサウンドであったが、作品を重ねるうちに徐々にデジタル感が薄れるようになってきた。そういう意味で本作はこれまでのGeyster(ガイスター)のイメージサウンドを完全に打ち消すものと言えるだろう。回顧的なレトロスペクティヴなサウンドは変わらずだが、よりオーガニックな香りのするサウンドというべきか。トロピカルなメロウさは控えめに、70年代中期を感じさせるロック・ロックンロールを前面に押し出したハードで重いギターを掻き鳴らしながら声を張り上げながら叫ぶスタイルだ。

しかしながら、メロウバラード「Jane」や郷愁感を漂わせる「Reach the Skies」や「Soon」などロックンロール一辺倒ではなく、ヒヤッとするバラードを織り交ぜる。こういったアルバム全体の曲の流れをウマく考えて配列するところにGaël Benyamin(ガエル・ベンヤミン)の音使士としての技量とセンスを感じる。なによりもソングライティングの高さとサウンドクリエイターとして、確信的なその手腕に毎度ながら脱帽する。

触れ込み通り、時折、Paul Mccartney(ポール・マッカートニー)を思わせるタッチを垣間見るのも確かだ。本作は正規輸入盤の他、国内仕様パッケージのほか、LP仕様も存在する。70年代80年代をこよなく愛するGaël Benyamin(ガエル・ベンヤミン)のこだわりがひしひしと感じさせるのは、そのサウンドだけにあらず、最近は髪と髭を伸ばし、ファッションまで当時を思わせるその風貌まで徹底している。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。