--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC-0104 Kazu Matui Project 「Standing On The Outside」

2009年03月15日 23:15


DC-SOUNDS masterpiece100 名盤探検隊 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Kazu Matui Project (カズ・マツイ・プロジェクト)「Standing On The Outside」
と題されたこのアルバムは、ブルースジャズ・ギターリスト
Robben Ford(ロベン・フォード)の作品としてCD化されていた。
私がいま手元に持っているこのアルバム(原盤:POCP-2043)には
Robben Ford「Love's A Heartache」と記されているのだが、
なぜか帯には「ホィールズ・オブ・ラブ」とか書かれている不思議なアルバム。
しかし裏ジャケをよく見ると、Produced by Kazu Matui と書かれている。

Robben Ford(ロベン・フォード)のオフィシャル・ホームページを見ても、
この作品は彼のリーダー作として位置づけられていないようだ。
音楽性も、Robben Ford(ロベン・フォード)のバリバリのブルースジャズは微塵も見られない。
結局のところこの作品は、
Kazu Matui Project (カズ・マツイ・プロジェクト)名義が正しいといってよいと思われる。
Kazu Matui Project (カズ・マツイ・プロジェクト)として、
Robben Ford(ロベン・フォード)を大々的にフィーチャーした作品であったわけであるが、
この作品にはYellowjackets(イエロージャケッツ)他、名手が多数参加しており、
当然のことながら質の高い歌心あふれたAOR作品に仕上がっている。

Robben Ford(ロベン・フォード)にとっては、
名作「ギターに愛を」以来4年ぶりに位置づけられる作品であるが、
以降はブギースタイルのブルースジャズロックのようなフォードらしい作品を
発表し続けている。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。