--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC-159  TOTO  「ⅩⅣ」

2015年03月22日 16:45




3/16の午後、友人のノラリさんから突然携帯に一通のメールが届いた。メールを開くと、「ポーカロ!」としか記されていなかった。TOTO9年ぶりの新譜リリースを2日前に控えたこの時期に一体?初めピンと来なかったが、なんとなく嫌な予感がしてネットにアクセスした。TOTOのMike Pocaro(マイク・ポーカロ)氏の訃報の速報だった。

7年前マイクが病に倒れ療養に入って以降、一度解散を宣言したTOTOであったが牽引役のSteve Lukather(スティーヴ・ルカサー)を中心にLive活動を続けていた。TOTOが、新作の製作を始めたという噂を小耳にはさんだのは今から1年前のことだった。最近のSteve Lukather(スティーヴ・ルカサー)は元the Beatles(ビートルズ)のRingo Star All Star band(リンゴ・スター・オールスターバンド)に帯同してワールドツアー忙しくに来日も果たした。

だからTOTOはやはり前作「Falling in between」で最終作になるだろうと思っていたところに新作のリリースだ。しかも、新作にはTOTO3代目ボーカリストJoseph Williams(ジョセフ・ウィリアムス)がリードボーカル/フロントマンとして完全復帰するのだという。Joseph Williams(ジョセフ・ウィリアムス)はTOTO史上最高のヴォーカリストに推す愛好家も多く、私自身もフェイバリットボーカリストの5指に入るJoseph Williams(ジョセフ・ウィリアムス)であることからこれ以上の喜びはなかった。だがそれだけでなく、新譜には今となってはポーカロ3兄弟最後の一人となってしまったSteve Porcaro(スティーヴ・ポーカロ)のみならず、初代ベーシストDavid Hungate(デヴィッド・ハンゲイト)までも復帰し、ライブにも同行するのだという。

ご存じハンゲイトは名作TOTO Ⅳ(1982年)を最後に脱退して以降、実に33年ぶりの参加となるもので、ハンゲイトが抜けたベーシストの後継者として加入したのがMike Pocaro(マイク・ポーカロ)だった。解散を宣言したTOTOがマイクの病がきっかけで再活動を行い、マイクの代役として参加したのがハンゲイトというのは何とも複雑な感情だが、現存するTOTO音楽ファミリー達の絆が再び集結の原動力となり、ここに名作TOTOⅩⅣ(聖剣の絆)を生みだしてくれた。
 

新譜を手にしてから数日、気が付いたら20回ほど通して聴き込んでしまっていた。ここまで統一感と躍動感そして練られたアンサンブル、そしてTOTO独特の懐かしいグルーヴは最近のTOTO(Seventh one以降の作品群では覚えのないものだった。それは、Joseph Williams(ジョセフ・ウィリアムス)がリードボーカルをとっているからそう感じるのか。そうかもしれない。だが何度か聴き返しているうちにドラムの音がJeff Porcaro(ジェフ・ポーカロ)のグルーヴにどことなく似ているような気がしないでもない。そう感じるようになった。

元々、今作のドラマーはジェフの後継として長年TOTOを支えてきたSimon Phillips(サイモン・フィリップス)が解散を機に脱退を表明したこともあり、だれがドラマーを担うのか注目されていた。世界屈指の技巧集団TOTOのボトムリズムセクションを任せられるドラマー、そんなドラマーは早々いないし、そしてジェフやサイモンの後継となればTOTOが要求する音楽性を理解できる然るべき人選が行われるだろうと。その人選の結果はKeith Carlock(キース・カーロック)だった。

キースは近年のSteely Dan(スティーリーダン)専属ドラマーを務める人物でよく知られる。ダンが来日した際、一度だけだが、キースの演奏姿を眼で見たことがある。手数が多くダイナミックなドラマーという印象だ。これまでドラマーを楽曲によって使い分けてきたSteely Dan(スティーリーダン)だが、唯一の同じドラマーを使い続けているのがKeith Carlock(キース・カーロック)その人。Donald Fagen(ドナルド・フェイゲン)から「彼は何でもこなせると」技術の太鼓判を押され、Steely Dan(スティーリーダン)専属ドラマーというステイタスを持つキースであれば、TOTOの高度な要求もこなせるというものだろう。

本作にはJoseph Williams(ジョセフ・ウィリアムス)、David Hungate(デヴィッド・ハンゲイト)、Steve Porcaro(スティーヴ・ポーカロ)といった元TOTOメンバーの復帰に加え、Michael McDonald(マイケル・マクドナルド)やLenny Castro(レニー・カストロ)、Lee Sklar(リー・スクラー)といったTOTOファミリーとなじみの深かいミュージシャンも参加する。

日本盤ボーナストラックを加えると全12曲のアルバムは、「Running out of time」でSteve Lukather(スティーヴ・ルカサー)の豪快なドライヴィングギターで幕を開ける。Joseph Williams(ジョセフ・ウィリアムス)の声も全盛期を彷彿とさせる張りの良さで爽快に歌い上げる。アンビエントな「Burn」を経て、再びアップテンポでリズミカルな、これぞTOTOのグルーヴサウンドと言わんばかりに息のあったインタープレイが繰り広げられる「Holy War」である。ここではDavid Hungate(デヴィッド・ハンゲイト)とKeith Carlock(キース・カーロック)のボトムリズム隊にSteve Lukather(スティーヴ・ルカサー)のリズムギターのユニゾンがピタリとマッチングし、そこに煌びやかなDavid Paich(デヴィッド・ペイチ)の縦に割るオルガンが小刻みに流れるように進んでいく。リードボーカルはJoseph Williams(ジョセフ・ウィリアムス)。何度も聞きたくなる気持ち良い限りの好トラック。

Steve Lukather(スティーヴ・ルカサー)のソロ作に収録されてそうなやや重厚な「21ST CENTURY blues」、オリエンタルな雰囲気で始まる「Orphan」、Jeff Porcaro(ジェフ・ポーカロ)に向けたと思われる「Unknown Soldier」では再びブルース調のルカサー節を堪能できる。空が開けて広がっていくかのような「The little things」はSteve Porcaro(スティーヴ・ポーカロ)作詞作曲でリードボーカルも担うバラード。こうしてTOTOが他のバンドと違うのは、飛び抜けた演奏技術以外に、一流の作詞・作曲ができることのみならず、リードボーカルまで取ることができ、あらゆる楽曲にも対応できる素養の広さ、音楽的守備範囲の広さがあることを思い起こす。

そして、本作でも特に評判の良い「CHINATOWN」へとアルバムは続く。「The little things」を境に、David Paich(デヴィッド・ペイチ)色の強いソウルフルで深みのある癒しの世界へと誘っていく。聴くものすべてが雲の中に引き込まれていくような気持ちよさに包まれることだろう。そしてアルバムは壮大なクライマックスとなる「Great Expectations」へと到達する。David Paich(デヴィッド・ペイチ)がゆっくりと囁き静かに始まると思いきや、突然、音の扉が開き、壮大な世界と壮絶なインタープレイが繰り広げられ、初期のTOTOを思わせるコーラスワークや懐かしいメロディとリズムが次々繰り広げられていく、特に4分50秒付近から展開にはニンマリさせられる。まさにTOTO流のプログレッシヴロック的楽曲と言えよう。日本盤に収録されているボーナストラックはSteve Porcaro(スティーヴ・ポーカロ)の楽曲で再び彼がボーカルをとり静かに幕を閉じる。

 

スポンサーサイト

DC-158 Work of art 「FRAMEWORK」

2014年09月23日 23:38

workofart3.jpg














[ 続きを読む ]

DC-157 Kere Buchanan 「Goodbye Yesterday」

2014年02月09日 00:01

kere.jpg




4年前にデビュー作「Starting Over」で世界的に多くのAOR愛好家から話題となっていたKereBuchanan(ケレ・ブキャナン)が本年1月に新作「Goodbye Yesterday」を発表した。 本作「Goodbye Yesterday」を聴き終えて、前作を遥かに凌駕するクオリティに驚きを隠せない。早くも本年一番のAOR作品に躍り出るのではないか。そんなことを口走りってしまいそうになるほど、本作は多くのAOR愛好家から絶賛されることが容易に想像できるAOR度数の高い内容だ。

KereBuchanan(ケレ・ブキャナン)はオーストラリアに活動の拠点を置くミュージシャンで本職はドラマーだが、音楽コンポーザーも兼務する。現在45歳だが、音楽のプロキャリアは90年代中盤からだという。近年の北欧勢と同じく、やはりルーツは80年代AORで、幼少からTOTO、Steely Dan他を愛聴し、音楽素養を磨くと同時にドラム技術を磨いてきた。

楽曲によってボーカルを使い分け総勢9名のゲストボーカリストをフューチャー。殆どがおそらく豪州のミュージシャンと思われるがBill Champlin(ビル・チャンプリン)もクレジットされ、自身も1曲歌う全11曲。さらにRobbie Buchanan(ロビー・ブキャナン)も1曲だがFender Rhodes(フェンダー・ローズ)でゲスト参加し、ジャケットのデザインは、最近新作も発表したMarc Jordan(マーク・ジョーダン)によるものだとか。

前作でも相性の良さを見せたパートナーGlenn Bidmead(グレン・ビドメッド)は本作でもその力量をいかんなく発揮し、楽曲はKereBuchanan(ケレ・ブキャナン)とのオリジナル共作である。彼は曲制作だけでなく「my love」や「slippin away」などボーカリストとしての力量もかなりものである。またタイトル曲の「goodbye yesterday」、「All Because Of You」など本作収録のメロウなバラードなどは特に秀逸である。そして、イントロでもろにSteely Dan(スティーリー・ダン)な香りが佇む「Miss Josephine」では思わず苦笑いしてしまった。

録音技術から音質、曲配列、収録曲数までもすべてきめ細やかに計算しているとしか思えないが、これを意図的に感じさせないナチュラルな風合いで構成するサウンド・プロダクションは見事である。演奏技術はもとより、スネアの音や、キーボードのわずかなタッチ、エコーの広がり、間奏の間の取り方、曲と曲のブリッジのインターバルなど細かいところを言えばきりがないが、これらの細部にこだわる多くのAOR愛好家の耳と感性を本作は十分に満足させることだろう。

 

DC-156 Pat Metheny Unity Group 「KIN(← →)」

2014年02月08日 21:04

pat.png




パット・メセニーの新作『KIN(← →)』が届いた。The way up以降パット・メセニーは自身のグループPMGの活動を控え、ソロの音楽活動が盛んになっていた。中でも話題作となった「Orchestrion」は様々な意味で大きな反響を呼んだのも記憶に新しい。「Orchestrion」は音楽シーンの中でここまで想像性と実験性・冒険性に満ちたミュージシャンがメセニーの他にいるだろうかと改めてそう感じさせたほど、度肝を抜く挑戦的な作品だった。名実ともに天才の名を欲しいままにするミュージシャン。ジャズギターリストやジャズというカテゴリー枠にとどまらない真の音楽家。


そろそろ、PMGの新作が欲しいと思っていた矢先に発表されたのがPat Metheny Unity BAND(パット・メセニー・ユニィティー・バンド)なる新たな音楽プロジェクトだった。クレジットには盟友Lyle Mays(ライル・メイズ)やSteve Rodby(スティーヴ・ロドビー)の名はなく、Chris Potter(クリス・ポッター)(sax)、Ben Williams(ベン・ウィリアムス)(b)、Antonio Sanchez(アントニオ・サンチェス)(ds)の技巧派3人を加えた4人編成のバンドだった。ワールドツアーを行い、ここ日本にも来日。メセニーにとってサックスの導入は『80/81』以来の試みで話題となった。それから2年がたち、先日発表されたのが、このPat Metheny Unity Group(パット・メセニーユニティー・グループ)と名乗る新編成バンド。前述の3人に加えマルチ・ミュージシャンGiulio Carmassi(ジュリオ・カルマッシ)が新たに加入された5人編成に進化された。


作品を一通り聴き終えて感じたのは雄大かつ壮大でダイナミックなPat Metheny(パット・メセニー)が戻ってきたと感じた。ここ数年に感じられたコンテンポラリージャズからよりGEFFENレベール時代のパット・メセニー・ミュージックよりに回帰した印象を受けるが、やはりLyle Mays(ライル・メイズ)のピアノがない分PMGとは一線画す。どちらが良いとかではなく。本作ではORCHESTRIONICS(オーケストロニクス)やヴォイスも導入されてる。私たちはもはや前人未踏の世界にとうの昔に踏み込んだメセニーがさらにその先にある音楽的銀河へと突き進もうとしている瞬間を体験している。聴き応えのある好盤である。



DC-155 Diane Birch 「Speak A Little Louder」

2013年10月14日 02:43

diane birch2



今世紀最も注目と期待を寄せてきた女性ミュージシャンDiane Birch(ダイアン・バーチ)の3作目-新譜『Speak A Little Louder』が発表された。前作『The Velveteen Age』はインターネットのデジタル配信限定のミニ・カバーアルバムであることからいえば、オリジナル楽曲のフルアルバムとしては2作目ということになろう。2009年のデビュー作『Bible Belt』 の衝撃的な完成度とライヴ・パフォーマンス(渋谷クアトロ)は心底度肝を抜かされものだった。

 Carole King(キャロル・キング)の再来かと世間を騒がせたデビュー作『Bible Belt』は、アコーステックでブギースタイルを兼備したオーガニックな佇まいをもつ名盤であった。新人とは思えない卓越した演奏アレンジメントと作詞・作曲能力は未来を明るくさせるものを感じさせた。

あれから4年の間、彼女はロサンゼルスに拠点を置いて、米国国内を中心にライヴ活動に注力しながら、モデル業や他ミュージシャンとのコラボレーション(Daryl Hall(ダリル・ホール))など積極的に活動は行っていた。オフィシャルホームページでは何度か新作に向けた曲制作のアナウンスはあったものの、なかなか進展の無いまま2013年末まで待たされることとなった。

だが一部の楽曲はホームページで視聴ができた。 恐らくこれを聴いた多くの人は、『Bible Belt』のDiane Birch(ダイアン・バーチ)ではない彼女の新たな音楽的側面を押し出してきたと感じたに違いない。アップロードされた楽曲はわずか3曲であったが、これらの楽曲に共通した共通項はクール&ダークサイドなアンビエンスだ。冷たい雨がひたひたと降り注ぐような、重く寒いグレーな空気があたりを覆い隠し、ソリッドでメタリックな彼女の声がけたたましく鳴り響く。無機質でデジタルなインオーガニック・サウンドである。『Bible Belt』で見られた生演奏の有機的な佇まいは影を潜めた。このサウンドを現代のミュージックシーンに迎合したと考えるのは早計だろう。
特に面白いのは 「Pretty In Pain」「Love and War」「It plays On」しかり、楽曲の端々にどこか80sの香りがするのも本作の特徴と言えよう。

デビュー前、ビバリーヒルズのホテルでピアノを弾いていたDiane Birch(ダイアン・バーチ)にほれ込んだと言われる天才ミュージシャンPrince(プリンス)閣下の太鼓判が押された彼女の豊かなミュージックタレントの開拓はまだ始まったばかりなのである。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。